夏季限定のウトウの帰巣シーン

このブログでも何度か書きましたが、6月下旬から7月上旬の夕方から
夜にかけて、天売ではウトウの帰巣を見ることができますね。

空一面に、鳥、鳥、鳥・・・鳥。

びっくりですよ。昼間にはあんなに静かで絶景だった岬が、こんな
ふうにとんでもないことになってます。

スポンサーサイト

ついに!ウトウの餌やりの季節!

この時期、ウトウは見所です!

ヒナに餌をやりにクチバシにたっくさんの小魚をくわえて
自分の巣に戻ってくるんですよ!

昨年の記事もありますので、ブログ内検索で「ウトウ」とかで
探してみると出てきますね(^_-)

例えばこれとか↓
2009.6.25

A女将さんから送られてきた写真。
20100621utou1.jpg

20100621utou2.jpg

20100621utou3.jpg

春の気配ゴメ編

今日の写真はゴメの大群です。
harunogome1.jpg

春が来るとゴメの鳴き声で目が覚めるそうですよ

ちなみに、ゴメとはカモメのことです!

オオセグロカモメ(足がピンク色)とグロカモメ(足が黄色)の2種類がいる
そうです。

辺り一面の空にこんなに鳥がいるなんてすごいですよねぇー。

もう一枚面白い写真がありました!
harunogome2.jpg

左の家の見た目が「大きく口をあけた人」に見えなくもないです(^-^)v

たくさんいるゴメを「食べてしまうぞ」と言っているようですね(*^^*)

ではまた来週~

今年のオロロン鳥はどーですかね?

先日、鳥に関する悲しいニュースがありましたよね。

佐渡島のトキ9羽が金網の隙間から侵入したテンに襲われて死んだという
ニュース。

その後の報道で、金網の隙間が5センチくらいだったとか・・・。

「テンってそんなに伸縮自在なんだ」ということにも驚いたのですが、
関係者は(結果的に不幸な結果になってしまったけど)苦しんでおられる
と拝察いたします。

さて、天売島では、トキ的存在がオロロン鳥ですよねー。

今年の繁殖はどうなるんでしょうかねー。

毎年北海道新聞に記事が出てくるような感じですので、期待しながら
報道を待っていたいと思います。

あ、その前に天売島のA女将、B女将の2人から生の情報をもらえたら
と思っております!

民宿竹内の庭にあるオブジェ↓
ororonobjects.jpg

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

オロロン鳥の動画を見つけました

オロロン鳥(ウミガラス)ってこんな感じなんですね。

春に生まれたゴメ

前回こんな記事を書かせていただきました。

未使用の写真があるので、ここに掲載させてもらいますね。
gome2.gif


日付は9月6日。一カ月以上も前の写真なのですが、今頃はどんな感じに
なっているでしょうかねぇ。

今年生まれたゴメは茶色の2羽です。今時期はどんな羽毛になってるんでしょうか??

そしてまた、どうやってこのゴメ(カモメ)は冬を越しているものなのでしょうか??

これからどんどん寒くなって冬になりますが、冬の天売の写真、
私自身がとっても楽しみです。

春に生まれたカモメはこんな感じに

朝晩がすっかり寒くなりましたね~。

札幌では、大通公園でオータムフェスタというイベントが開かれています。
(秋の収穫祭みたいなイメージで、たくさんの屋台が並ぶんですね~、
食べ物屋さんは長蛇の列です!)

そんな中、天売島にはゆっくりとした時間が流れていて、秋も深まっていく
様子がうかがえますよー。

女将さんは、すでに寒いくらいということを言ってました。

さて、今回の写真は
haruniumaretakamome.gif
です。

春に生まれたカモメ。ゴメとも言うらしいです。

周囲12キロの島に100万羽の住む海鳥の楽園ですからね、天売はー。

こういう風景は至る所で見られるんですねー。

癒される~って感じでしょうか!

でも私はカモメ(ゴメ)というフレーズが頭の中で勝手に「カゴメ」に
なってしまいました。

で、カゴメさんのページを見ていると、「トマト大学」なるものが!

秋の夜長、癒されたと同時に勉強しましたー。

結構写真を送っていただきましたので、遅くならないうちに数日中にまた記事を書かせいただきます!

「お菓子いぞ」

100万羽の海鳥がいる天売島。

鳥の楽園になっている島って何か素敵なイメージがあります。

観光の目的の一つに、たくさんの海鳥を見ることが入ってることでしょう。

となると、我々人間のマナーも非常に大事ですね。

羽幌町の道の駅のすぐ横にある「北海道海鳥センター」は、海鳥のことを知ることが
できる施設です。(入場料は無料)

okashiizo.gif

お菓子を気軽に食べさせるのは注意したいですね。

鳥だらけ

天売島は羽幌町の島です。(焼尻島も同じです。)

札幌から羽幌町に車で行くと、ほぼ全員が羽幌の道の駅に行くのではないでしょうか。

道の駅の近くにある建物を見渡してみて下さい。

海鳥が有名ということで、色々なものが鳥を意識して作られています。

ウケたのはこれ↓
toridarake.gif

あららら、赤いクチバシが風で。。。

天売島に行く前に、ぜひここに立ち寄って気持ちを海鳥モードにしてからフェリーに乗り込んでみませんか?

頭上の鳥

天売島は、100万羽の海鳥がいる日本でも有数のバードウォッチングの聖地です。

島内を普通に歩いていても、頭上にたくさんの鳥がいることは珍しくありません。

こんな写真も
tori.gif

普通に撮れます。

2009年6月下旬の天売島:ウトウ

天売はウトウという海鳥の大繁殖地です。しかも、世界で一番大きい繁殖地とのことです。

日没時になると、空の遠い彼方から親鳥が小魚をクチバシにくわえて巣に戻ってきます。

その巣はなんと地面にあるんです。
utou1.gif

そして
日が暮れてくると~
空に鳥の集団(ウトウ)が現れ、巣の周りには小魚を狙ってカモメが集まってきます。
もうすぐ小魚を巡ってバトル開始です!!
utou2.gif

さて、このウトウはバトルに勝ったか負けたかはわかりませんが、翌朝には再び小魚を捕りに出かけるんですね。
utou3.gif




プロフィール

takeuchiminshuku

Author:takeuchiminshuku
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード